アラセンハウスで建てた我が家

建てるまでと建ててから

年収285万円だって家は建つ!一戸建て建ててよかった?後悔してる?

更新日:

はじめに結果から言いますと、
株式会社スペースエージェンシーさんの「アラセンハウス」で一戸建てを建てました。
公式HPには「ローコスト住宅ではなく、バリュープライス住宅ですよ」って説明されていますが、ま、なるほどって感じです。

建つんです500とか、なんとか700とか、さらに安さを売りにしたハウスメーカーもありましたが、費用はもちろん抑えたいですけど、自分なりにある程度、満足できる家にはしたいと思いました。
ぼくなりにバリュープライスだったと思います。

スポンサーリンク

Sponsored Link

これまで住んでたところ

築50年の以前住んでいた貸家
結婚してすぐは、実家近くの親戚のアパートに住んでいました。
築30年のボロアパートで、一間とキッチン、バス、トイレでした。

次に、実家の敷地内のこれまた築50年の戸建貸家に引越しました。
この貸家は親の名義です。
三間と約2畳の台所、バス、トイレ、庭も少々。
結婚してすぐ、長男が生まれたんで、泣き声なんかの事を考えると戸建のほうがいいですもんね。

だけど、昔の家は寒い
壁の隙間から外が見えてるとこもありました。
そして、風呂はさらに寒い。
給湯器からはなんとか暖かいお湯がでてましたんで、湯船でしっかり温まってから、身体を洗ってました。

夏は意外に快適でしたが、網戸の隙間や窓の隙間(窓や扉はサッシじゃなくて木枠でした)から虫が入ってくるんですよね。
ぼくはそこまで気にならなかったんですけど、嫁が...。

そして、一年に一回限りのイリュージョン
梅雨の晴れ間の一日だけ、羽の付いたアリ(シロアリじゃなかったですね、黒い羽アリです)が室内に数百匹も出現します。
不思議な事に一年に一日だけなんです。
天井の隙間から落っこちてくるイメージです。
嫁も後半は慣れてきていました。
子供達も部屋の中でできる虫取りみたいな感じで楽しんでました?
明りがついてる部屋に優先的に出現してきますので、寝室は電気をつけないようにして、パッと寝てました。
今、考えるとかなり気色悪ー。

家賃35,000円は親にちゃんと支払ってました。
手取り20万円はなかったけど、家賃がこのくらいだったんで、なんとかやれてました。

親の貸家なんで、修理がてら室内はDIYで小奇麗にしてました。
貰ってきた木材やリンゴ箱を使って、ジュラク壁を全面木張りにしたり、収納を作ってました。
二間の仕切りをぶち抜いて、10畳のリビングにしてみたり、床は畳を全部フローリング風シートに取り替えてました。
この頃ペンキは必需品でした。
外見は築50年の思いっきりの昔の貸家でしたけど、中は結構可カワイく?仕上がってたかな?
遊びにきた友人たちは外見と内装のギャップに結構、ビックリしてました。
ほぼリビングと寝室しかなかったけど、赤ちゃんは色々手間がかかるので、このくらいのスペースのほうが逆に使いやすかった感はあります。

建てようと思ったきっかけ

寒さと羽アリ以外不満はありませんでした。(ぼくは)
が、上の子が小学生なると勉強もしなきゃだし、友達も遊びに来たり...。
住宅ローンもあんまり遅くなると後々大変だし。
家さえあれば、万が一ぼくが事故で死んだとしても、住むとこだけは子供たちに残せるし。(団体信用生命保険っていいよね)
住宅ローンの毎月の返済額ってよくわかんないけど、家賃って払うだけでなんにも残らないし。

子供の成長を見ながら、こんな事を考えるようになり...。
最近、白髪も目立ってきたしな。
だったらいっちょ建ててみようかと思い立ってみました。

ぼくの一戸建ての条件

基本お金はかけたくありません。
遊びや旅行にもいきたいので、住宅ローンであっぷあっぷしたくありません。
それと、ぼくは長男なんで、先々実家を継がなければいけません。
実家の手直しや建て直しがあるかもしれないので、その時はぼくの一戸建ては貸家として貸し出すかも?
ので、ローコストが基本です。

  • 込みこみ1,000万円前後
  • 使い勝手がいい
  • それなりにカッコイイ
  • 太陽光発電は別枠でも乗っける
  • 実家の敷地内

まとめ

実際、「一戸建てを建ててよかったか?後悔してるか?」と聞かれたら建てて良かったと思ってます。
ハウスメーカーも「アラセンハウス」で良かったと思ってます。

住宅ローンは現在、毎月約45,000円の返済ですが、太陽光発電の収入が毎月約25,000円あります。
単純計算で差し引き約20,000円で新築一戸建てに住めてることになります。
35,000円の家賃より安くなってるやん。
建つまでにも結構、色々トラブルもあったし、建ってからも「これ失敗だったなー」と思うことや100年に一回の熊本地震とかもありましたが、結構、楽しく快適にやってます。
年収285万円のぼくでも一戸建てが建てられました。
ぼくの場合、建てる土地があったのは大きかったですが、「私も建てたいけど?」って悩まれている方も色々、工夫すればいい方法はきっと見つかると思います。
国や市町村の補助金なんかも調べると色々あるようです。
あきらめたら、そこでENDです。

Sponsored Link

Sponsored Link

boku
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします!

-建てるまでと建ててから
-

Copyright© アラセンハウスでキューブの家!ローコスト?ゼロエネ住宅?さあどっち , 2020 AllRights Reserved.